うちの旦那(仮)はマイノリティMENSA

平均の倍稼いで、そこそこ見栄えのいいアラフォー。前半は8歳下彼氏F君、後半はMENSA旦那Sさんの話

パートナーがASDで楽な事

先日、久しぶりに旦那(仮)のSさんと会いました。

約一か月ぶり。

 

「何もできなくなっちゃった」の言葉に対して、本当に自暴自棄になったのではと心配してたけど。

・壊れた自転車の代替え機を買って

・浅草のアンテナショップを堪能して

・低温調理器でローストビーフ作った

など。

 

充分いろいろしてんじゃん!「何もできなくなっちゃった」とか「忙しすぎて連休は最終日しか動けなかった」とか言ってたけども?

 

ま、そんなもんなんです。

 

 ****

 

ASDの特徴の一つに「考え無に喋る」とか「突然怒る」などが有りますが、同時に感情の起伏は突発的であまり長引かない。根に持つことが無いのも特徴の様子。

※個人差は大いにある

 

いつまでーもいつまでーも、こちらの取りつく島もないような嫌悪の態度を示したり、口に出した通りの状況や状態にはあまりなりません。

(少なくともうちはそんな感じ)

 

なので、こちらも気にせずやり過ごせばなんてことなく通り過ぎます。

ある程度、至高の方向性や「こんな時にこう感じるんだ」だけ気にしてあげればあとは放置。

もしくは、適当な事をこちらも言って誤魔化す(彼のネガティブな感情を正面から受け取らない)ようにすれば全然平気。

 

応援してあげれば中々それなりな金額を稼いでくるし、応援姿勢のミュウさんを大事に扱おうと心配したり、金払いもしてくれるし、美味しいものを食べさせてあげようと色々頑張ったりしてくれます。

 

自分が大変な時に頼りにはならないけど、

職場の男の子たち眺めてみても。まぁ、頼りになるやつなんてほぼゼロですからね。

「頼れる男性」なんて偶像だと認識すれば大した事は無いです。

 

今回の一件で改めて分かったけど、自分が困った時、心から寄り添って助けようとアドバイスしてくれる多くの友人が私には居まして。

なので全然旦那を頼ってやる必要はありません。

 

ちょこっと「無理せず出来る範囲」のことだけお願いして、

「わぁ!頼りになる!」と言っておけばよいのです。

それが自然の摂理です。

 

 ****

 

そんな適当な扱いを受けているMENSA会員のSさんは、

「10月末ごろ実家挨拶」

「終わったら入籍にしよう!」

「ずっとできてなくて、ごめんね」

 

と、ミュウさんに一言。

でも、別にいいんです。実家は興味で行ってみたいけど。

入籍すると色々書き換えなきゃいけないから面倒なんで。そこへの興味がかなり落ちています。

 

それに、こだわりの塊ASDの旦那なので、

結婚指輪も「こうじゃなきゃやだ」、新居も「こうじゃなきゃやだ」のこだわり。

私の好みと合致しない点が多い。

私が欲しいものと違うから指輪も新居も興味薄いんだよなぁ。

 

一緒に住んでASDのグダグダに巻き込まれて疲れたときの逃げ場が欲しいから自分の家は確保しておきたい気もするし。

 

まぁ、彼がやりたい事として主体的に動くなら同調するけど。

そんなゆる~い気持ちになっているミュウさんなのでした。