アラフォー女が8つ下彼氏に好かれる方法

部下が転職を機に彼氏に。 年上彼女の葛藤と喜びについて

気に入らないこと

f:id:KK-aug:20211203100324p:plain

人の価値観はそれぞれだけど。

 

11月は「私が忙しくて会えなさそう」「君はそれでいい?」の問いに「法事があったりで、」と、いうF君に合わせてデートの予定を入れず。

 

流石に12月を前に年末までの予定が一気に埋まって。

そのまま放置は良くない、会わないことに慣れたくないとも思って。

 

お土産を「楽しみにしてます」の返信も見て、デートを誘ってみると...

1日一拍おいての「その日は抽選会のイベント出社なんです😢」

 

あーそう。行けないならもう少し早く返事で来ただろう。とか。

代替え日程は無いんかい。とか。

 

日程を調整して、時間を工面してまで会いたい気持ちではない事がよーーくわかる。

なぜなら、そういう「やりたくない事をコッソリスルー」するのは職場で良く見てきたから。

 

「自分から声かけたんだし」「気づ付けたくないなぁ」とか思ってるんだろうか。

なんかムカつく。

暫くほっておくことにして、結婚相手探しを頑張ろうと思う。

好きな人と連絡を取り合えている けど、

f:id:KK-aug:20211203131452p:plain

今週のお題「最近あったちょっといいこと」

 

最近あったいい事と言えば、

1)副業が順調

2)持ち株がいい感じに上がっている

3)懸賞で商品券、化粧品、Bluetoothスピーカーが当たる

4)結婚相談所で思った以上にいい人と出会えている

5)大好きなU子ちゃんとまた遊びに行く

6)ディズニーシーへいく

7)可愛いN子ちゃんと紅茶会をする

8)今年は親せきと集まれそう!

9)肌の調子がいい

10)レーシックで視界良好

11)家の蝋梅が大量に咲きそう

とか。色々。

 

そして、このお題の例として「好きな人と連絡を取り合えてる」とあった。

確かに、連絡は取りあえている。けど。

 

ただ、それだけじゃいい事と言えないと思う。

連絡を取るなんて簡単。とらない事はもっと簡単だけど。

つなぎ留めるために何となく連絡を取るだけでは意味が無く、会うまでの関係継続だから意味を成すのだと思う。

 

今日、最愛のF君が最愛ではなくなりそうな、そんな気持ち。

喧嘩の原因はナンパ

f:id:KK-aug:20211129092314p:plain

最近、初めて喧嘩になりそうなことがあった。と、言ってもF君が若干すねた事を言ってきただけで、私はそれが可愛くて仕方なく。

厳密に喧嘩にはなってないのだが‥。

 

その原因は「ナンパ」

先日職場の女の子たちと飲み会をした。その生き返りに多くのナンパを受けた話をした。

もちろん、ちょっと嫉妬心をあおってやろうという思いはあったうえで。

 

当然彼は、彼の知らない男性の話をすると「それは誰?」「どんな人?」「イケメン?」を確認してくる。

それを予測したうえで、その時に安易なボディタッチを受けて嫌だった話をしつつ、ただ、小さな自慢程度のつもりで「よくナンパされる話」を少しいれた。

私はそれだけのつもり。

でも、ナンパに限らず、老若男女、外国人も含めてかなりよく話しかけられる。道を聞かれたり急にスマホの操作を聞かれたり。

困ってる人を助けるつもりで毎回反応するので、純粋に行きずり目的のナンパはかなり嫌いだ。

それに、ナンパされたからと言って、その場で飲みについていくことはない。

数日話し合った上え食事に行くことはあっても。

 

しかし、私の軽率な発言は彼の嫉妬心以上に不安を掻き立ててしまい

「あー、ミュウさんって案外簡単についていきそうですもんね~」との反応が。

 

 

0.5秒ドキッとして、0.5秒むかついたけど。これは拗ねている以外の何物でもない。 なんて可愛いんだろうか。どんな顔でそう考えているのか覗き込んでニヤニヤしたい。

私がそういう人間ではない事なんて、近くで見て知っていただろうに。

 

「ついて行かないよ。」「そうだったらこんなに忙しく出来ないでしょう?」とほだすと「そうですね。」の返事が。

 

私の過失を詫びつつ、もう少しこの優越感に浸りたい。

誰もが「素敵」という、あのF君を私が独占しているという事を。

 

 

F君の良いところ、悪いところ

F君との関係が始まって、ざっくり4か月が過ぎた。

マメなところ、可愛いところ、私への関心や執着、愛情も感じる一方で不満は無くはない。

 

私は婚活をするに当たって、自分のモチベーション整理のために、最愛のF君の良いところと気になる所を整理してみた。

それは、最近陶酔状態にある「神崎メリ」さんの本に沿ったものでもある。

 

最愛の彼、氏F君の良いところ

1)できる限り毎日連絡をくれる

私も若干めんどくさくなってきて、隔日連絡にはなっているけど。

短くでも返信しながら、私への関心をもって接してくれる。

なか1日空いてしまった時は、絶対に誤ってくれる。

 

2)私の不調を必ず心配してくれる

不調は絶対心配してくれる。

 

3)見た目、服、仕草、性格、声が可愛い

誰をも虜にする魅力的な人間。見た目が可愛く、だれとでも仲良くなれる。

反応が大げさで、純粋になんでも驚くところも愛嬌がある。

 

4)私に対して自立心がある

経済的にも、関係性でも。

よっぽど私が主張しないとまず、おごらせてくれない。

思わず貢ぎそうになる所をいい関係が継続できていると思う。

「早く台頭になりたい」だとか、追いつこうという気持ちがあってくれることも嬉しい。

 

5)一緒にいる時間を精一杯楽しんでくれる

私をしっかり見つめてるし、スマホを気にしたりしない。

 

6)私を置いて行かない

歩いている時も、エッチの時でも。「ミュウさんファースト」で居てくれてすごく嬉しい。

 

7)私の身体を気遣ってくれる

荷物は持ってくれるし、持病のこと、お酒の量まで。

 

8)私が不安になる事はしないし、言わない

元カノの事とか、過去の恋愛武勇伝とか。

 

9)人の悪口は言わない

照れ隠しで身内を下げていう事はあっても、本心ではないし、

逆に、多分、かなり嫌いな人の事をさげすんでいう事もない。

E子ちゃんは「怖いから言わないだけ」と言っていたけど。

 

10)威圧的な態度はとらない

私をさげすんだり、馬鹿にしたりしない。

 

 

F君の気になる(ダメな)ところ

1)はっきり「付き合って下さい」と言ってこない

お互い好きと言い合い、愛してると言い合い、私が「彼氏にしてあげようか?」と枕元で囁いた時はうなづいたけど。

男として扱って欲しいなら、それではダメと分かってるはず。

 

「言わなくても大丈夫」と思ってほしくないから、私は彼に「彼氏」という単語を使ったことが無い。

 

2)もう少し、私へ時間を使ってほしい

私も、強烈に忙しい時は親友と会えない月もある。けど。

もう少しデートの時間を作ってくれないなら、気持ちも冷めてしまうような気もする。

 

3)お金の勉強をして欲しい

クレジットカードを上手に使えない事を気にしているなら、お金の勉強をして欲しい。

貯金や投資の視点を持ってほしい。

 

4)女の子との距離感に自制心が欲しい

初デートでお泊りをねだったり、私の体をさすってきたりは、ワンナイトラブの常習犯な気もしなくはない。

関係が始まってからその片鱗は見せてないけど、何となく心の底に引っかかっている。

 

とりあえず、こんな所かなぁ。

 

元彼たちとのF君への評価


f:id:KK-aug:20211121082859j:image
連絡を取るだけだった”最愛の元カレ”と久しぶりに食事をした。

目的は副業と本業のメンター。久しぶりに会って、お互い老けてない事に安心しつつ、もう兄弟のような感覚の距離感になっている。

あと、ずっと好きになれなかった高圧的な態度も変わらずで。

 

基本的な人間性は変わってなかったけど、ずいぶんマメになったし、仕事の仕方も変わっていて大人になっていた。(40代なので当然だが)

子供は3歳。

・・って事は、私と別れた頃には奥さんと知り合ってた?!と、内心の時系列をたどりながら考える。男の人ってずるいなぁ。

 

今は山を買ったり、石を掘ったりが一番熱い仕事なんだそう。年収は4000万円。

私と出会った頃は1400万円から転職し1200万円になり、そこから約10年で3.33倍なのだから、それはそれで凄い。

しかも、奥さんとマメに連絡も取っているし、だいたい19時に仕事を終えて、土日は休み。 おい!そんな人間になれるタイプだった?!

 

仕事のアドバイス以上にそっちが気になって仕方がなかった。

「ミュウさんも男脳だけど、色恋は大事だから。」とも言われ。ちょっと癪に障る。

 

その帰り、ふと興味が沸いて”幼馴染の元カレ”にも現在の収入の話を聞いた。

 

彼はSEの傍らシストレを手広くやっている。

企業年収は800万、トレードは今年-200万円だそう。

総資産額は4000万。

 

年齢は違えど、やはり企業活動の方が儲かるんだなぁ。と、大人の社会勉強。

 

 ****

 

F君に対して”最愛の元カレ”の反応

「え、8才差がいいかはわからないけど…、広告系も今は少し待遇良くなったのか? 土日も中々会えないって、そんな感じなのかなぁ…」

私が抱いていた疑念を素直に言う。感覚が本当に私に似ている。

 

”幼馴染の元カレ”

「彼氏さんが元気で体力あって、イヤイヤ仕事してなければ、S&P系を買い続けてればどうにか大丈夫だよ。」

こいつは本当に優しい。

 

 ****

 

とりとめもなく、色々考えた一日。

一つは「私はもっと稼げるし、稼ぎたい」という意欲がわき、

もう一つは、なんとなく。もっといい彼を見つけても良いような。気も。

 

しばらく顔が見られないだけでそんな気になる私は、やはり浮気ものなんだろうと、思う。

靴下を編む(気になっているだけ)

今週のお題「お気に入りの靴下」

f:id:KK-aug:20211124133557j:plain

私は編み物ができる。かれこれ20年ほど前に無き祖母の影響で始めた。

 

近頃、コロナ禍で編み物男子もブームらしいし、ハイブランドのニットアイテムも、まるで「おばあちゃんの手編み!」のようなハンドニットグッズが増えている。

 

そこで、クローゼットから編みかけのセーターを引っ張り出し「今年の冬はこれ作りたいんだよね」と言う私。

対して「えー、編み物って大変じゃないですかぁ」と、まともに聞いているんだかいないんだか。適当に返事をしたF君。

 

(あくまで私の見立てだが)おしゃれ男子F君は、靴下にこだわりを持っている。

近頃はミックスカラーに染められ、平編みをするだけでおしゃれな柄になる毛糸も出ており、これを使って靴下でも編んでやろう。そうたくらんだのが2週間前。

 

今週レーシックも行って見え方万全。あとは彼の足のサイズを聞き出し、集中して編み切って、クリスマスプレゼントに仕立てるつもりでいる。

 

本当は3-5万の「欲しいもの」を買ってあげてもいい。けど、多分、彼はそんな施しのような事をどこかで喜ばない様子がある。

なので、お金をかけずに数万の価値がある手間をかけて、私にできる精一杯の愛情を詰め込んであげたいと思う。

 

世代の違うパートナーと付き合い気付くこと

f:id:KK-aug:20211114152718j:image
F君が「僕は行ったことがある」と自慢してきた、六本木に有るブックカフェ「文喫」へ行ってみた。

 

bunkitsu.jp

 

そこは今どきの文学系に憧れるF君が好みそうな、アート性の高い本屋さんで、座席にはApple製相手を携えた個性的な人物達が居並ぶ。

 

 ****

 

私も元々アート出身なので、学生時代はこういった場所に足繁く通い、その世界に没頭して、答えのない創作の世界を熟考することが多かったが。思い出すと5年以上その感覚すら忘れていた気がする。

 

世代が違う、感覚の近いパートナーが居ると『昔好きだったものを思い出す』と姉さん女房の方から聞いたが、まさにその通り。

 

学生時代は毎月買ってボロボロになるまで切り抜いていた「装苑」が目に入ったり、

昔、難しくて読み切れなかった「AXIS」がやっぱり難しかったり。

 

自分の中で置き去りになっていた大切な感覚が蘇って、もう一度若かった時間を味わえる。

あの時は興味があってもお金が無くて行けなかった場所にも "あの時"の感覚のまま行ける。

 

私は元々服飾デザインにも興味があって、カバンや服を作ったり編み物も得意だった。

一方で終業後デザイナーとして働いていた期間は僅かにその感覚が合ったが、今はもう、すっかり忘れていた。

学友達と毎週通っていたデッサンクラスも10年ほど行ってない。

 

それが失われて行ったのは、効率的に考えて、今の業務に直接的な利益をもたらさないからだと思う。

 

..行きたい‼️ 20代の無意味に躊躇無く没頭できた場所にまた行きたい‼️

 

 ****

 

若い彼を通して見つける、あの頃に置いてきた自分の発見。楽しい。

最愛の彼に文喫へ行った話をすると「文喫いいなぁ。でも、あそこ高いですよね!」

冷静な返答が来た。・・・(笑)