結婚相談所で結婚した女

平均の倍稼いでそこそこ見栄えのいいアラフォー。前半は8歳下彼氏、以降は結婚相談所と旦那Sさんとの結婚生活

綺麗で、明るくて、料理上手な31歳女子でも婚活で苦労する

最近TVで婚活番組をやっている話を聞き、ミュウさんの婚活女子に対しての見解を語る。

(生活も仕事も落ち着き、新たなステージへ進みそうで、その事はまた別の時に)

 

 

綺麗で、明るくて、料理上手な31歳女子が、婚活をしてみた

ミュウさんの紹介で、昨年から結婚相談所を利用しているN子。今年32歳の事務職女子です。

外見は広瀬アリス。体系は大きめだけど、華やかで包容力のある雰囲気通りの人付き合いの良さと愛嬌。笑顔がひまわり。

食べることが好きで、料理が得意。実家暮らしで日ごろから家族の夕食準備もやっているため、「有るもの」で美味しく調理できる能力が有る。

 

交友関係が広いし、男性との交際経験もある。

こんなN子だから、ミュウさんは「すぐ結婚できるよ!」と思っていたけど、そうでもなかった・・・。

 

 

半年後、婚活女子は「条件ハンター」になってしまっていた!!!

入会からちょうど半年後くらい、N子から「相談したい」といわれ聞くと「最近『いい感じの人いないな』と、思ってペースを落としてたら、いい人が居て仮交際になったんです」

と、見せられたプロフィールの男性は、垢抜けなさもあるが、清潔感があるIT系高収入の5歳上。

「家族が保有するマンションに住んでいて、車も持ってて、ドライブデートもして。」「この前、お家デートしたんです。二人で立てるキッチンがあって、素敵なお家だったんですけど・・」

「お姉さんや、お母さんが同じ建物に住んでいて。」

「結婚してもその環境だとやだなぁ・・・って悩んじゃって」

 

との相談。

この会話で私は、彼女が「人」ではなく「その人の”条件”」を見ている事に気付いた。

この視点が強くなりすぎると、まず、婚活はうまく行かない。

 

この交際、破局するとミュウさんは思った。

なぜなら、N子は見事に「条件ハンター」になっていたからだ。

 

将来、N子が理想とする「義両親とのほどよい距離が有る場所で、二人が立てるキッチンが有る家」に住むとしたら。それは、事務職N子の貯金や収入では支払えない。

それは分かっていて、未来の夫(仮)に出してもらえる前提でいた。

「この人と一緒なら、理想の生活”環境”が手に入る」と思って相手を見てしまっていた。そして、相手の生活水準にあったデートや生活を得られると信じている。

 

 

・・・そんな事、物理的に、無いんです!!!!

 

 

収入1000万円の人と結婚しても、自分が収入1000万円なければ、独身時代の彼と同等の生活は出来ない

これは簡単。

一人で年収1000万円を自由にできていた人が、もし、年収400万円の人と共同生活を始めたら?

 

(1000+400)÷2=700

 

一人当たり自由にできるお金は、年収700万円に。

ね。収入が低い人は、1000万円の生活状態に自分も引き上げてはもらえないんです。

 

収入が多い側が『条件ハンター』的に見るなら、「この子のために、収入数百万円下げた新生活をできるかどうか」の選択になる。

だから、相手に真剣になって、結婚相手と見ればみるほど「節約」を考えたり、「もっと稼がなきゃ」と思う。

たとえ、1000万円稼いでいても。

 

なのに「相手はお金持ち」と思っている収入が低い側が、

普段行けない場所へのデートや、ちょっと贅沢なお食事を望んだなら。価値観がずれてしまう。

大好きな相手のために、最初は望む通りにしていても、ふと低所得化とそれに反した出費増の事実を感じてしまったら…?

 

 

結果、IT男子と破局したN子

更に半年後、N子はIT男子と「交際終了」となった。

結婚相談所のシステム上の「仮交際」を、相手側から「交際終了」へ変更された。

 

ミュウさんへの相談後、IT男子と数回デートをしたN子。

彼は「これから忙しくなるから」との発信の後、三ヶ月の沈黙に入ったそう。

その三ヶ月後、再会しデート。その際に「『次はこのお店に行きましょう~!』って、約束もしたんですよ!」とN子。

なのに、デートの数日後連絡なく、相談所のシステムから「交際終了」の連絡が入ったそう。

そして、IT男子は「自分が結婚に向いていないと感じた」と残して、相談所を退会したそう。

 

この話の終わりに

N子は結論として「相手が悪かった」として、次の交際相手を見つけている。

これは良い。でも、「条件ハンター」になっている事をもっと客観的にとらえて、自分を変えられないと、結果は同じになってしまうと思うミュウさん。

 

億の利益がある社長さんでも、「働きたくない」と、思うことが有るし、無一文になってコンビニバイトになる事を想像することが有る。

お金を多く稼ぐことは、本当に、本当に大変だから。

この人が無一文になっても愛し続けられるか?の目線で婚活相手を見る。 これ、すごく大事。

 

あと、年収1000万円は、年収400万円の人が想像しているほど「お金持ち」ではない。都心のタワマンは買えない。マジで値上がりしてるから。

 

想像する様な”都心のタワマン”を買えるのは、年収3000万円~かなぁ。

結婚相談所を始めるなら、正月明けがお勧め!

結婚相談所に登録するなら正月明け!ここで登録するのが一番成婚できると思う!

なぜなら、「相談所の入会者が一番増えるのが1月」だから~

 

 ****

 

先日、結婚1年を無事通過。久しぶりの投稿のミュウさん、ふと思い立って記事を書きます。

 

正月明けに結婚相談所へ登録する人が多いらしい。

 

理由はこれ。

クリスマスから「独り身」である寂しさを感じ、正月休みで親や親せき、地元の仲間との近況報告を終えると、適齢期独身の人間は漠然と「結婚」という感覚を抱く。

(結婚の気は無いけど、そんな話題が増えるから「実家に帰るのが面倒」になる人も多い時期)

夏休みよりもバカンスムードは控えめで、『大掃除』文化から自分の時間も確保しやすい。

 

外資系の企業でも正月休みの連休は、比較的仕事が落ち着く様子が有る。

外資系は9月が年度末なので、8月のお盆休み時期は仕事が忙しいことが有る。自国に居ない事も。

万人が「休み」になるこの時期、一念発起して「結婚相談所に登録する」人が多くなるそう。

 

 ****

 

「入会者が一番増える月がいい」理由は、出会える人の数が増えるから。

同じ会費を払うなら”いい人”に、沢山出会える方がいい。

順調に成婚退会出来る人は、ミュウさん同様に入会から半年くらいで退会できる。

 

つまり、結婚をきちんと考えて活動する人は直ぐ入会して、すぐ居なくなっちゃう!ってことっ!!!

 

1月に入会して、たくさんいる中で結婚を丁寧に見据えている人を見つけ出せば、バシッっと結婚にたどり着ける。

という思想です。

 

 ****

 

何はともあれ、

私のブログを見て、(何か理由があって検索し、ここにたどり着いて)結婚相談所に興味が沸いた方。きっかけは何でもいいので、まず、結婚相談所の門をたたいてみて下さい。

予想外に準備大変だから!

準備に時間かかる分、直ぐにいろんなことは迫ってこなくて、気持ちの整理の時間も有るから大丈夫!

 

2024年も素敵な一年にしましょう(^^)

焼肉、ぴよりんにすり替わる (旦那に好みが伝わらない

MENSA会員と言えども、普通の男性と同じような事は良く起こる。

 

ミュウさんは甘いものが苦手です。

「大嫌い」「食べられない!」ものではないけど、特に常温のチョコレート類、クリーム類、ケーキと呼ばれる部類の食べ物は好まず、自分では買いません。

 

一方、MENSA旦那のSさんは甘いものが好きです。

マニアと呼ばれる部類ではないけど、表参道にパンケーキを食べに行きたいくらいのスキ度。

 

そんなSさんに何度言っても伝わりづらいのが「あなたの妻は甘いものが苦手」という情報。

 

 ****

 

週末家に帰ってくる旦那に

「週末出先で焼肉食べれたら幸せだな」と送ると、その点はスルー。

 

翌朝「美味しいお肉が食べたい。焼肉に行きたい」と、それだけ送ると、

我が旦那さんは「今週『ぴよりんチャレンジ』するから我慢して!冷蔵庫のスペースあけておいてね♡♡」との返答。

 

😑

 

『ぴよりん』とは

https://piyorin.com/wp/wp-content/uploads/2020/03/%E9%80%81%E4%BB%98%E7%94%A8.jpg

販売店舗|ぴよりん公式サイト

「ぴよりん」とは、中心がプリン、その外側にババロアとそぼろ状のスポンジケーキをまぶしてヒヨコ型にした生ケーキ。

見た目の可愛さ、万人受けする味が特徴。

名古屋駅内で販売されているお土産スイーツで、すごい。なんだかんだ10年以上のロングセラー商品だって。

 

ほわほわして、真ん丸お目目で見つめてくる感じ。

うちの旦那さんがだーいすきなやつなんですね。

 

 

『ぴよりんチャレンジ』とは

https://stat.ameba.jp/user_images/20220607/23/10181018s/92/c5/j/o1080081015129709789.jpg?caw=800

https://stat.ameba.jp/user_images/20220607/23/10181018s/92/c5/j/o1080081015129709789.jpg?caw=800

プリンとババロアで出来た「ぴよりん」を家に持ち帰る事がぴよりんチャレンジ。

そもそもぴよりんは持ち運びを考慮したつくりではない。

なので概ね崩れる。

でも、いたいけなヒヨコケーキの崩れてしまう様子のシュールさ可愛さで「ぴよりんチャレンジ」自体が人気。

この為10年たっても決して持ち帰りやすい仕様にならない。それが「ぴよりん」なのです。

 

 ****

 

柔らかくてクリーミーな物が好物のSさん的には、見た目の可愛さも相まってすんごく興味を惹かれているのが「ぴよりん」。

そこに輪をかけて、

Sさんのお気に入りの”イケおじ”同僚のDAさんが、最近愛妻のために「ぴよりんチャレンジ」を行ったそうで。盛り上がったんだとか。

 

ぴよりんへの憧れと、DAさんへの憧れは、

妻の「焼肉食べたい」「甘い物苦手」という主張を超越してしまっているんです。

 

ぴよりんは可愛いです。

でも、やっぱり味わいが好きなやつじゃないんです。

 

これが他人事なら「お土産買ってきてもらえるだけありがたいんだから」「感謝してあげて」となるけど。

やっぱりうれしくないんだよなぁ・・・。ぴよりん・・。

 

Sさんに悪意があっての事でもないし、愛情は感じるけども。

でも、お肉たべたい。

 

 ****

 

女の子は甘い物が好きという潜在意識、

甘いものを一緒に食べてキャッキャする感じへの憧れ、

「買っていって、喜んで欲しい!」の像にとらわれるとそれと違う希望や要望がインプットされにくい感じ‥

 

こういう所、男性によくあるやつだよなぁ。

喜ばないと拗ねるんだろうなぁ…。

 

そんなシミュレーションをして、Sさんが家に置いて行った生活費から1万円をちょうだいし、一人分の高級お肉を買いに行くミュウさんなのでした。

AM5:00のお見送り (MENSA旦那の心情

ミュウさんと、MENSA旦那のSさんの日常の話。

 

MENSA旦那のSさんは、外資系ITに勤めています。

今の所属業務では、平日は遠方の出向先へ出社。週末にミュウさんと暮らす家に戻ってくる生活で、これが半年続く予定。

 

出向先は関西方面なので、都内の自宅は5時台に出発します。

で、ミュウさんはこれを自宅の最寄り駅までお見送りしに行くと決め、今週は2回目のお見送りをしました。

 

 ****

 

ミュウさんはそれに合わせて5時に起き出す必要は無いけど、元々早起きして朝いろいろ作業するのが好きなのと、

寝坊して焦るくらいなら、早起きして時間を持て余したい派なので、自分の利益のためにSさんの早起きに付き合っているのです。

 

そんな私にSさんは喜んでくれるのですが、毎回、前日の夜に

「明日の朝も早く起きるの?」と聞いて来ます。

「もちろん」とミュウさんは答えます。

 

今週の朝も一緒に5時に起きて身支度を手伝い、駅の改札までお見送りをしました。

 

その道すがら、MENSA旦那のSさんは

「こうやって来てくれるのも今だけなんだ。そのうち『アラームうるさい!』とか言われて、悲しい気持ちになりながら一人出社するようになるんだ」

と言います。

 

ミュウさんの旦那さん、根暗なんです。

 

この言葉の裏には、私を茶化す気持ちもあったり、言葉に出してシミュレーションをすることでその現実に備える意図もあるし『そうなったら悲しいよ』という気持ちを俄かに伝える意図も有ります。

 

こういう「根暗」「ネアカ」てきな、考え方のクセや性格はMENSAだろうが何だろうが関係ないようです。

 

 ****

 

私はSさんが改札に入る前に、抱きしめて、キスをすることもリズムにしています。

私が顔を覗き込んでいると

「いつものあれ・・やるの・・?」と聞いて来ます。

私が何食わぬ顔でキスをして、いってらっしゃいを言うと、

「きゃーはずかしいっ!!!」と言いながら元気に改札に入っていきます。

で、なんどもこちらを振り返り手を振るので、見えなくなるまで待っていてあげます。

 

MENSA会員って、未確認生物てきで時に神格化されてメディアで紹介されるけど。

本当にごくごく普通の人間です。

結婚相談所で出会った人と結婚しました

(久しぶりにこのブログの根幹的な部分に触れた内容を書きます)

 

直近3-4か月はとにかく「生活が変わる」「価値観が変わる」「人生が新しい方に動き出す」事の不可抗力的な物に追い立てられ。大変だった!

 

私ミュウさんは、結婚相談所で出会ったSさんと夫婦となり、新生活もやっと安定してきました。

自分でもSさんと出会ってからや、直近の事を思い返す余裕が出来たので。まずは結婚相談所で婚活をした結果やどんな結婚が待っているかを『個人の主観』でまとめてみようと思います。

 

これまで結婚に近づいたけど結婚には至らなくて、で、結婚相談所で婚活を始めた人がこの記事を読んだ時気付いてほしいのは、

結婚相談所で結婚するのも、他で出会って結婚するのも、結婚できる人に大切な事に違いは無さそうだという事。

 

結婚相談所という場をうまく使って、これまでの自分を結婚できる自分に方向修正できれば、成婚退会も結婚もできると思います。

 

結婚相談所で旦那さんを見つけ、結婚して思う事

1)思っている以上に主体的に動く方が良い

35歳以上で「結婚相談所」で婚活をしている男性が、婚活相手となり会う事が多かったミュウさんですが、8割以上の男性が「自分は決断力が無いから」や、その旨の話が合った。

ミュウさんが結婚したSさんもはじめの頃にそんな話をされ、実際生活を共にしても「決める事、動き出すことに時間がかかるな」と感じる。

 

なので、結婚相談所で『交際状態』になっても、プロポーズまで時間がかかったり、ミュウさんのようにプロポーズに至っても実際入籍まで半年ほどかかる事も多いように感じる。

 

だからこそ、自分の時間、お金、いのち?に関わる事を決めなければいけないときは、自分が主体的に動く。動かなければだめ。

そんな人と生活を共にしていくことになるのが「結婚相談所で出会った人と結婚する」事なのかも。

 

 

2)プロフィールの内容をうのみにしない

大手のお金がかかる結婚相談所は、プロフィールの作成に相談所の担当さんがある程度介入します。 第三者の目が入って作られるため、ある程度公平だと思っていたけど。

あくまでも自己申告だし、担当さんのコメントも表面的な人間性しかとらえていない。

 

年齢や結婚歴、年収、身長など数値で表現されるところは正確。

でも、正確や価値観は、紹介文の書き手や読み手、それぞれの人生経験の違いで良くも悪くも誤解が生まれる。

 

なので、プロフィールが開示されていてもそれが本当の人間像ではない事が多い。驚くことも喜ぶこともある。 いい意味でも悪い意味でも公正なプロフィールが開示される結婚相談所だからと言って「プロフィールをうのみにしない」の大事。

 

 

3)結婚相手を選んだ「理由」を心に留めておく

ブログに何度も「なんで結婚しようと動いたんだっけ?」「なんでこの人選んだんだろう」を考えた様子を書いている。

実際はここに書いた回数より多く『後悔』に近い思考を繰り返している。

 

でも。今日にいたるまでの人生で、付き合った男性と「なんで結婚しなかったか」と、相談所で出会った人も何人もいた中で「なんでこの人にしたか」を明確に整理して、忘れない事。

Sさんも人間なのでもちろん欠点はある。気持ちも変わる。生きてるから。

その変化に一喜一憂して後悔したとき、「それでもこの人を選んだ理由は何だったのか」思い出すと自分の気持ちが収まる。

 

選んだ理由と現状が全く合致しなくなった時、初めて新しい選択をすればいいんだと思う。

それは悪い事でも、後ろめたい事でもないと思う。

 

 

4)やっぱり衝突も必要。喧嘩を避けてはいけない。

一つ前の記事「MENSA旦那、同居3日目で家出」で書いた、この時の衝突がミュウさんとSさんの衝突で過去最大だったと思う。

でも、あれ以来お互いかなり気持ちが楽になって(特にミュウさん的には)以前よりラブラブしている気がする。

 

出会ってからきっかけや必然性で結婚するのと違い、結婚するために出会うからこそお互いの認知が追い付かないのが「結婚相談所で結婚する」方法な気がする。

「自分に合いそうな相手」を選んでも、不和は生じる。絶対。

衝突や喧嘩はしんどいしその時間は不毛に感じるけど、でも、やっぱり必要。

うちの旦那さん、そうならないと気になった事、不満に感じてたことを言葉にしてくれないから!!!

ミュウさん自身もそういう自分を知れたし。

 

同じ内容の衝突を何度もする必要はないかもしれないけど、少しでも自分が幸せに過ごせるためなら。衝突も必要だし、それを怖がってはいけない。

 

 ****

 

また取り留めも無い事を書いてなんの参考にもならない気がするけど。

 

MENSA旦那、同居3日目で家出

(年末に旦那(仮)のSさんが、本旦那 になった話は後ほどするとして)

親の言う事に兎に角忠実な旦那。特に父親に言われると忠実でそこに意志は無い。

かと言って、自分の両親を尊敬している訳ではない。

 

マイノリティ性が高い旦那は、親からの『結納しろ』『結婚したら一緒に住むものだ』の圧力を受けて

結納式の夜、新居契約▶4日後引越しという強行スケジュールを突き付けてきた。

 

ミュウさん体力の限界。

体ちぎれそうで、1日寝込む。

 

ただ、一緒に住みたかった旦那のテンションは異常で、ことごとく嬉しそう。

一方、生活時間を整えることが副題の新生活だったのに、

12時に起き、13時に朝食。23時前に夕飯になど、生活乱れまくり。

 

それにもミュウさん疲労

 

少しずつ指摘しながら修正するも、

禁煙物件の新居でやはり喫煙は辞められないMENSA旦那。

 

タバコの匂いが気になることは前々から伝えていたのにも関わらず、居間で吸う匂いを注意すると、

翌日1日ムスッと。

 

で、旦那が早く片付けてと言うから、彼の部屋で荷物を片付けていると

急に入ってきて(それまで1日ふて寝していた)『どこで吸えばいいの!』と。

『...Sさんの部屋だから、ここで吸ったら良いよ』

『でも、匂いがやなんでしょ』

『でも、Sさんの部屋だから..』

 

のやり取りをしていたら

『外で吸ってくる!』

と拗ねて家出しました。

 

 

ミュウさんしばらく考えて、電話と謝りLINEを入れ、一応駅前を捜索。

 

『っていうか、何してんだ..これ...』

と言う思いが込み上げる。

来月で41歳の旦那の、口を尖らせて、その理由も言えずに1日イジイジした後に家出する姿。

 

私は旦那を探しに行く事が今後も仕事になるんだろうか..とか。

って言うか、1月に妊活で、それまでに禁煙するんじゃなかったの? とか。

私も思う所は色々有る。

自由に好き勝手暮らしている旦那。

 

はぁ。

毎回私が我慢すれば良いのか。

 

嫌なことがあった時家出すればいいのなら、今度は私もそうしようと思った。

 

私を罵るような冗談?は考え無しに口から出るのに、

私の一言に不満があると 子供みたいに口を尖らせて、会話にならない。

 

正直、何に怒っているのか分からない状態がしばらく続いて、

1週間後くらいに、私が闇雲に謝ってやっと済む。

 

毎回そう。

 

今週いっぱい家出されるなら、ミュウさんの自宅は売るの、やっぱり辞めようかなぁ。

 

付き合っているのがバカバカしくなってくる。

この人、本当に親になれるのかな...

なれないなぁ。

実父・実母へのがっかり

昨日あたりから久しぶりにミュウさん虚無Ver。

 

ミュウさんの最近の婚活状況は、MENSAだけど賢くないSさんと、年末に入籍。年明けに、なんでか、「結納式」をやる事に。

※結納は普通、入籍前にやる

 

この、年明けの結納式 兼 両親顔合わせの食事会に、父から「行きたくない」との宣言を頂き。

 

でも、普通に考えて。

今後私が親より早くに死んだりしたら、急に相手の両親と会ったりしなきゃいけなくなるわけで。 そんな時に急に会うより、前もって数時間合っておいた方が気も楽なんじゃ。

と考えて、父の意見は無視し「この日に結納やるから来てね」等と何度か連絡したが。

それ以外への内容へ返事はあるが「出席」とも「欠席」とも言ってこない。

 

母にも言って「父へ出席するよう言ってくれ」と言ったが。

母は「頑張ります」「でも、父から母へ、半月返事がなかったら諦めて下さい」との事。

 

・・・は??

 

うちの母も自分中心の人なので、ミュウさんの式に「父を招くために努力しよう」みたいな気持ちは全くない。

お金払って解決できる事なら良いけど、時間や労力をかけなきゃいけない事は全く興味が無い。

そういう面がある。

 

・・・こんな両親・・選べるなら絶対選びたくない。

 

結局、”一家の大黒柱”として長く頑張ってきたわが姉が、父の代役で出る事に。

(そこは母じゃないのか? うちの母にそんなスキルは乗っていません。姉で良いんです。)

 

 ****

 

私の思う「普通の家族」「普通の両親」はどこにも存在しないのかもしれないけど。

ちょっと2時間食事会するのに、たった1人招くために

こんなに心をすり減らさなきゃいけない家族って。

家族なんだろうか。

 

本当に。

何となくで子供産まないで欲しい。

 

自分の事が大事な人は親にならないで欲しい。

 

ひどすぎる。うちは、姉と妹が居ればそれですべて成り立っているから。

「里子に出す」感じで、うちの親を他人に譲りたいです。