うちの旦那(仮)はマイノリティMENSA

平均の倍稼いで、そこそこ見栄えのいいアラフォー。前半は8歳下彼氏F君、後半はMENSA旦那Sさんの話

恐怖の帝王切開

ミュウさんの同僚のG子が先日無事に第二子を出産しました。

G子は一人目は緊急帝王切開。二人目は計画的に帝王切開で出産。

 

冷静に、普通に考えてですよ。

産む気が全くなかった人間からすると、二度も同じ臓器を切開してその後ハードな育児に直行していくって信じられないですよね。

一回切ったところがくっ付いて、あの妊婦の大きなお腹の状態になれるなんて。

多少はそれを想像しても、二人目を設けられるって本当に生存本能?は凄いなぁと思う。

 

 ****

 

G子の場合、出産の前日は最後の検査通院をし、大丈夫なら帰宅。

翌日また病院に行って切開する。

 

えー。まだ1歳の子供を直前まで面倒見るのか…しんどい。偉すぎる。

G子いわく「旦那と子供2人きりにする方が心配だから」との事。

 

この意見よく聞くし、うちも実際そうなる気がする。けど、なぁ

子供作って面倒見られない父親って、ペット飼って飼育できない小学生みたい。

よくこれで世の中許容されるよね。

 

元々産む気が無いミュウさん的には、母親でも積極的に子供は旦那に押し付けていく気ですよ。

 

 ****

 

出産当日はG子もかなり不安らしく、朝から

「わたしはしんご」と何度もラインが入る。

(元ネタは楳図かずお氏の漫画「わたしは真悟」)

 

「大丈夫?体調は?」と聞くと

 

「手術の準備で麻酔を打ったんですよ。両腕それぞれと背中に3本」

「麻酔は担当医の若い後輩が打ったんですけど・・・そのうち一本が背骨に刺さった感じがあって、左下半身に電撃が走りました」

「それで一気に血圧下がっちゃって」「絶対あの1本は失敗ですわ」※失敗か否かは個人の見解

 

・・・背中の注射なんて・・・

腎臓を悪くした先生が治療をした際「背中から注射をするんだけど、死ぬほど痛かった」と話してたやつじゃん!

それで更に痺れたなんて。聞いただけで吐き気。

 

そんなG子を励ましながら、気晴らしになりそうな話題を振りつつ。

暫くすると、夕方過ぎに

「産まれました。痛いですシクシク」

とのコメントと共に写真が送られてきた。

 

しっかりした赤ちゃんで、元気!G子本人もどうにか大丈夫との事。

よかったぁ。

 

G子「ただ。麻酔が抜けてきてるんですけど、左足が抜けないのか動かないんです…」

えぇえええ?!?!!!

医療ミス?!!

全然大丈夫じゃないじゃん!!!!!

 

もうびっくりして取り乱すミュウさん。

結果としては翌日普通に足は動いたそうです。

 

でも、まじで、怖すぎ。

こんな事が日常茶飯事で起こるような出産行為って、本当に恐怖でしかない。

こりゃ、本気で男も平等に出産できるようにならないと割に合わない。

 

怖い怖い。大金払ってこの体験をしてきた世の中のママたち。

改めて本気で尊敬します。

すごいぞ女性!