うちの旦那(仮)はマイノリティMENSA

平均の倍稼いで、そこそこ見栄えのいいアラフォー。前半は8歳下彼氏F君、後半はMENSA旦那Sさんの話

年下くんは、一緒に料理したい

f:id:KK-aug:20211005101704j:plain

ピクニックデート改め、梅酒を言い訳にした「夕飯会」が決まる。

F君は私の手料理が食べたいとの事。 職場では弁当持参も、やる気のある時はお菓子やから揚げなど(笑)をメンバーに作って振舞うことがあるので、手料理を振舞う事は苦ではない。 ただ、私は一方的にふるまうのは嫌。昔から誰が来ても一宿一飯の恩は払ってもらうのが私のポリシーだ。

F君にも「振舞うのはいいけど『働かざる者食うべからず』手伝ってね」と伝えた。

 

その返信は私にはとても意外なもので、

「ええ~!一緒に作りたいです!! 一緒にお料理してお酒飲んだら絶対幸せですよ~」とのこと。

えー!そこまで喜ばれると私も嬉しいけど、ええぇぇ!料理の手伝いを男の子が喜ぶって、”そういう世代”だからなのかなぁ。手伝いの打診にこの反応がかなり新鮮だった。

「おままごとみたいだな」と思う一方で、長く一人暮らしをしているF君が家庭のぬくもりに憧れるのもわからなくはない。

 

F君は自炊に抵抗はなく、皿洗いをさせると綺麗にやってのける姿を見たことがある。 

背筋を伸ばしながら、嬉しそうに独り言をつぶやき洗う姿は凄く可愛い。あれを独り占めって。いいな。

 今までの私なら、料理中に手を出されることを拒みそうだけど。F君に対してそれよりも愛おしさが勝。

 

 ーーーー

 

 私の家に彼がやってくる日、道中「何を作りたいか」相談するメッセージがとまらない。待ち合わせ場所を間違え、私のもとに駆け寄る彼の手にはパープルのスターチスをたっぷり束ねた花束が。

 「ミュウさんのイメージなんです」と嬉しそうに見せてくる。その花の花言葉は…

 この子と結婚してもいいかも。そんな気持ちが私の心に芽生えた日の話。